Take it to the house, kid

2019-2020シーズンのNFLも先週のスーパーボウルで幕を閉じた。
前回の歴史に残る塩試合と比べて、試合展開はそこそこ盛り上がったし、パトリック・マホームズの活躍はプレイオフ全体含めた世代交代をいい感じに総括していたと感じる。
試合について語るには知識がなさすぎるので、試合開始前に流れたNFL100周年のCMについて書き残そうかと思う。

去年のNFL100周年を記念するCMも、何度も繰り返して見てしまうくらい好きだったんだけど、今回のCMはちょっと泣きそうになるくらい感じ入ってしまった。
往年の名選手、現役のスタープレイヤーが何人も登場して、NFLチームを持つ都市を横断しながら会場のマイアミへとたどり着く。
今まで積み上げてきたものや現在進行形で築かれていくレガシー、そしてそれを引き継いでゆく未来の全てにリスペクトを感じさせる、本当によくできたCMだと思う。
ラストに子供達が実際のスーパーボウルのフィールドに走りこんでくるっていう演出も気が利きすぎてる。

ただ、自分がNFLちゃんと見初めて1,2年のにわかで、こいつ誰やねんみたいな人が多かったので、出演者をメモがわりにまとめておく。

f:id:grisuhon:20200208233716p:plain
Maxwell "Bunchie" Young
主役の子供はバンチー・ヤングというロサンゼルス出身の12歳の少年。既にメディアでも特集されていて、その筋では有名な子らしい。父親がラバー・ボール(日本でいうと亀田兄弟父)感があって若干ネタにされがちっぽい。


f:id:grisuhon:20200208233812p:plain
Jim Brown (FB/ex Cleveland Browns)
このCMのキーワードととも言える "Take it to the house, kid" を最初に発したのはジム・ブラウン。クリーブランド・ブラウンズフルバックとして活躍して、歴史上最も偉大なフットボールプレイヤーとも言われるおじいさん(83歳)です。
ちなみに "house" はアメフトのエンドゾーンを表すときにも使われる単語で、前述のセリフは「エンドゾーンまで持っていけ=タッチダウンしろ」という意味にも取ることができますらしいです(るーりー語)。


f:id:grisuhon:20200208233908p:plain
TimTheTatman
その次に出てくるトラクターに乗ったレッドネック感満載の人はゲーム実況者のティムザタットマン。めちゃくちゃ選手っぽいくせにいきなり選手ちゃうやつ出てきてわろた。彼はThursday Night Footballでも企画をしてるっぽいですが、前回のCMでもプロゲーマーのNinjaが出演してたので、向こうではゲーマーのポジンションが思ったより高いのかもしれんなと思いました。パッカーズのヘルメットをかぶった子供が映ってるので場所はグリーンベイあたりでしょうか。



f:id:grisuhon:20200208234016p:plain バンチーはそのまま走り続けて次の都市へ。店から出てくる子供のユニフォームがベアーズっぽいからシカゴかな?


次にたどり着くのはロサンゼルス。現在建設中のSoFiスタジアムの工事現場には、ここをホームとする予定のラムズチャージャーズの選手が何人か出てきます。

f:id:grisuhon:20200208234105p:plain
Aaron Donald (DT/Los Angeles Rams), Joey Bosa (DE/Los Angeles Chargers)
ちょっと手伝って!と言われてブルドーザーを人力で動かしてるのは、アーロン・ドナルド(ディフェンシブタックル/ラムズ)とジョーイ・ボサ(ディフェンシブエンド/チャージャーズ)。「プロがやってるだけやから真似すんなよ」みたいなテロップがじわじわくる。

f:id:grisuhon:20200208234253p:plain
Derwin James (SS/Los Angeles Chargers), Jalen Ramsey (CB/Los Angeles Rams)
「あいつらいっつもカッコつけようとしよる」「まあやらしといたれや」みたいな会話をしてるのはダーウィン・ジェームス(ストロングセーフティ/チャージャーズ)とジャレン・ラムジー(コーナーバック/ラムズ)。工事現場用のヘルメットがそれぞれのチームのロゴ入りなのがシャレてますね。


続いてサンフランシスコ。ジョー・モンタナ、スティーブ・ヤングという元49ersの殿堂入りクオーターバックとともに現49ersクオーターバックのジミー・ガロポロが登場。

f:id:grisuhon:20200208234903p:plain
Steve Young (QB/ex San Francisco 49ers), Joe Montanna (QB/ex San Francisco 49ers)
f:id:grisuhon:20200208235355p:plain
Jimmy Garoppolo (QB/San Francisco 49ers)
「家まで持ってけ!」とイケメン丸出しで爽やかに子供に声をかけたのに「お前は荷物車に運んどけ」とモンタナにパシらされるガロポロが不憫で萌える。
ヤングに「(ガロポロに)チップでもあげたらどうですか?」って言われたモンタナが「せやな、アドバイス(TIP)でもしたるか」とか返したりしててナメられすぎでは?と思いました。というかスーパーボウルで負けんようにちゃんとアドバイスしたれや。


f:id:grisuhon:20200208235540p:plain
Christian McCaffrey (RB/Carolina Panthers)
こちらはカロライナ・パンサーズランニングバック、クリスチャン・マカフリー。現代では珍しい白人のランニングバックながらいっときMVP候補にも上がる活躍で孤軍奮闘した男前です。


f:id:grisuhon:20200208235713p:plain
Nyjah Huston
ここでハイタッチをしているのはプロスケートボーダーのナイジャ・ヒューストン。世界一稼いでいるスケートボーダーらしい。


f:id:grisuhon:20200208235806p:plain
Julian Edelman (WR/New England Patriots)
練習を邪魔されたのはニューイングランド・ペイトリオッツのワイドレシーバー、ジュリアン・エデルマン。去年のスーパーボウルMVPですが、今年はプレイオフ初戦でタイタンズに負けた結果、ビバリーヒルズでハシャギすぎて逮捕されました。アホでは。

f:id:grisuhon:20200208235909p:plain
Carli Lloyd
ナイスキック!と褒められているのは、女子サッカーアメリカ代表のカーリー・ロイド。ちょくちょくフットボール選手じゃない人出てきますね。


f:id:grisuhon:20200209000249p:plain
Jerry Jones
ガキが…舐めてると潰すぞみたいな顔してるのは、ダラス・カウボーイズの名物オーナーことジェリー・ジョーンズ。日本でいうとナベツネみたいな球界のドンかつ老害代表的なイメージだけど、こういう役回りで出てこれるあたり世渡りうまいなあと思う。車内にアヴェマリア流れてるのがウケる。


次はニューオリンズ。名物フェスティバルのマルディグラのパレードに紛れ込みます。

f:id:grisuhon:20200209000440p:plain
Alvin Kamara (RB/New Orleans Saints)
まずボールを受けるのはニューオリンズ・セインツランニングバック、アルヴィン・カマラ。いいセンスのジャケット着てんなあ。

f:id:grisuhon:20200209000540p:plain
Drew Brees (QB/New Orleans Saints)
その後ボールを受けるのは歴代タッチダウン数1位のレジェンド、同じくセインツの現役クオーターバックであるドリュー・ブリーズ。もっぺんSB勝つとこ見たい。


f:id:grisuhon:20200209000626p:plain
Pat Tillman (ex Arizona Cardinals)
唐突な静寂とともに現れる銅像グレンデールのステイトファームスタジアム前にあるパット・ティルマンのもの。アリゾナ・カーディナルスでセイフティとしてプレイしていたティルマンは、同時多発テロをきっかけに陸軍に入隊し、アフガニスタンで味方の誤射により命を落としたアメリカ人にとっての悲劇のヒーロー的な人物です。こういうところに目配せするあたりNFLって感じがする。


f:id:grisuhon:20200209000945p:plain
Saquon Barkley (RB/New York Giants)
そして舞台はニューヨークへ。ウェルカムトゥザシティとか言ってるのはニューヨーク・ジャイアンツのエースランニングバックであるセイクオン・バークレー。まだ22歳だけどプレイがスペクタクルすぎて非常に好みの選手です。


f:id:grisuhon:20200209001046p:plain
Justin Tuck (DE/ex New York Giants)
野獣の眼光は元ジャイアンツで過去二度スーパーボウルを勝利したディフェンシブエンドのジャスティン・タック。


f:id:grisuhon:20200209001222p:plain
Ray Lewis (LB/ex Baltimore Ravens)
通行人を吹っ飛ばして雄叫び上げるやべえ奴は元レイブンズでスーパーボウルMVPも受賞したラインバッカーのレイ・ルイス。ガタイいいとフォーマルな装いも似合ってセコいっすね。


f:id:grisuhon:20200209001323p:plain
Mark Ingram (RB/Baltimore Ravens)
無言で写真撮りまくってるのはレイブンズで現役ランニングバックのマーク・イングラムらしい。


f:id:grisuhon:20200209001408p:plainそしてついにスーパーボウル会場であるマイアミのハードロックスタジアムにたどり着く。
フィールドに向かう花道に並んでいるのはNFL殿堂入りプレイヤー。赤いジャケットは殿堂入りの証です。さすがにどれが誰か全然わからん。


f:id:grisuhon:20200209001453p:plain
Payton Manning (QB/ex Indianapolis Colts, Denver Broncos)
バンチーからボールを受け取るのは、トム・ブレイディとともに現代最高のクオーターバックとして評された元インディアナポリス・コルツデンバー・ブロンコスペイトン・マニング


f:id:grisuhon:20200209002918p:plain
Virginia Halas McCaskey (Owner/Chicago Bears)
何せなあかんかわかってんな?とボールを渡すおばあちゃんはシカゴ・ベアーズのオーナーであるヴァージニア・ハラス・マカスキー。ベアーズはNFLとともに今年100周年を迎えるオリジナルチームですが、彼女の父親のジョージ・ハラスNFLの創設に大きな影響を及ぼしたレジェンドかつ前オーナーで、現在のベアーズのユニフォームの袖口には彼のイニシャルGSHが記されています。

f:id:grisuhon:20200209002157p:plain
Joe Greene (DT/ex Pittsburgh Steelers)
最後にショータイムだと呟くのは元ピッツバーグ・スティーラーズで黄金時代を築いたディフェンシブタックルのジョー・グリーン。

こうやってたくさんの元/現役プレイヤーをカメオ出演させるのは、現在に至る歴史へのリスペクトを感じさせるのはもちろん、自分みたいなオタクの好奇心を刺激する意図も感じて、本当に作りがうまいなと思います。試合数増やして中立地での開催も増えるみたいな計画があるらしいし日本でもやってくれないかなあ。

Mamba Out

現役時代にファンだったことは一度もなくて、むしろキングスやサンズの短い絶頂期を台無しにした一角ということで憎々しく思うことの方が多かった。あの頃のレイカーズは本当に憎たらしいほど強かったし。

それでも(もしかしたらそれだからこそ)こんな形で突然いなくなってしまったことにしばらく打ちのめされてしまった。定期的にコートサイドで子供と試合を観戦して、選手にちょっかいをかけてる様子を少し前まで微笑ましく眺めていたのに。

Mike Breenはクラッチショットが決まったときの"BANG!"がトレードマークの名アナウンサーで、2006年のプレイオフでサンズ相手にコービーが4Q、延長と立て続けにクラッチショットを決めた試合でも実況を務めていた。


Kobe Game-Tying + Game Winning Shot vs Suns 06 Play-Offs HD

 そんな名士が「実況する気持ちになれない」と声を詰まらせる様に感情が昂らずにはいられなかった。

 

優勝チームは移り変わるものだ。また違う優勝チームが現れるだろうし、違う選手がMVPを勝ち取るだろう。それでも、世代を超えて続く何かを本当に生み出したいなら、 次世代の選手を鼓舞する手助けをしなければいけない。そうすればその世代は素晴らしいものを生み出し、さらに続く世代を鼓舞していく。永遠に続くものを生み出す、というのはこの瞬間なんだ。そして、それは最も美しいことなんだ。

プレイを共にしていなかった若い選手ですら大きなショックを受けているのは、ある意味で彼のこの考えが達成されていたことの証明だと思う。

訃報から今日まで、現役時代はファンではなかったしどちらかと言えば嫌いだったけど本当に悲しい、という人を何人も見かけた。自分も間違いなくそのうちの1人だし他にも数多くいると思う。ファンであれアンチであれ、スタンスは真逆であっても結局は彼のプレーに圧倒されたという意味では同じだ。そんな選手はそうそう出てくるものじゃない。

未だにうまい言葉が見当たらないけど、文章を残しておく。

My Favorite Music in 2019

発表した年に関係なくよく聴いたアルバムとか行ったライブとかの書き置き。

ARTIST

  • Vince Staples
    フジロックのために聴いたりフジロックの余韻のために聴いたりでアルバム関係なしに今年一番聞きました。ってSpotifyが教えてくれました。便利〜

ALBUM

  • The 1975 - A Brief Inquiry Into Online Relationships

流行りに乗ってロックは終わったと思ってた人間なので、また死にかけのメディアが頑張って僕たちのヒーローを持ち上げてんなと思って横目に見てたんだけど、サマソニ配信で初めて見てマシュー・ヒーリーのかっこよさにブッ飛ばされた。曲もバリエーションあるのにわりと全部よくて普通にすごい。

  • Carley Rae Jepsen - E•MO•TION

なんかやたらメディアに褒められてんなと思って、天邪鬼発揮して全然聴いてなかったんだけどめちゃくちゃいいじゃないですか。1曲目の一発目の音から完璧やんけ。歌詞の乗せ方が口ずさみやすい気持ち良さあって真っ当にポップスしてんなあという感じです。

  • Joey Bada$$ - ALL-AMERIKKAN BADA$$

いま一番フロウが好きなラッパー。ジャケもクソかっこいいしフィジカル買ったので改めてよく聴いた。

  • Frank Ocean - channel ORANGE, Blonde

10年代ベストでよく見かけたけど、聞き直してるとやっぱりいいですね。シーンへの影響についてはわからないけど、曲としてちゃんとしてるというか。フォークソングか?みたいな。

  • Slum Village - Fan-Tas-Tic, Vol. 2

ビートの質感が心地よくていっときこれ流しながら寝てました。

SONG

  • Billie Eilish - bad guy

うるせえ。コーチェラのライブ配信でひと目でブッ飛ばされた。アルバムはわりとすぐ慣れちゃった。

  • Post Malone & Swae Lee - Sunflower

ポストマローンのシングルカット力すごいですね。

まずアーティスト名のセンスがいい。

  • Childish Gambino - 3005

PVがめっちゃよくて今さらめっちゃ聴いてしまった。

ライブがめちゃくちゃよくて、リアルタイムで聴いてなかった反動でこの曲をよく聴いた。

  • LiSA - ADAMAS

アニメのOPのアレンジがかっこよかった。

LIVE

行ったやつ全部書き出しました。バンプとヴィンスが同率で一番よくて、ナナシス小林大吾たちの3マンが続く感じ。思った以上にライブ行ってなくてびっくりした。

My Favorite Album in 2019

10年代をまとめるために過去の年間ベストを見返していて、今でも聞いてるの全然ないなと再認識したけど、だからこそ毎年まとめることに意義があるなと思い直しました。
サブスクリプションが浸透しすぎて、新しい音楽を真剣に聴く機会激減して面白くなくなったので、来年はもっとじっくりいきたいです。
とりあえずここでは2019年にリリースされたアルバムを並べます。作品名にはSpotifyへのリンクを埋めといた。

VA - Revenge of the Dreamers III

再生カウンターはたぶん一番回ったけど、結局この曲のJ.I.D.のかっこよさに尽きる。

Ariana Grande - Thank U, Next

歌詞がセンシティブすぎるという評価も確かにその通りだと思うけど、だからこそ個人的に刺さる部分もあって良かった。そういうの抜きにしても一枚通して質のいい曲が揃ってて飽きずに聞ける。

Tyler, The Creator - IGOR

全然主役出てこなくて斬新と思いました。

Vampire Weekend - Father of the Bride

前作が好きすぎるのでええけどなんやパッとせんなあという感想です。

BROCKHAMPTON - GINGER

Chance the Rapper - The Big Day

いうほど悪いか?というか個人的には今までで一番しっくりくるまであったけど、歌詞とか長すぎるのとかがダメなのかもしれない。

Flying Lotus - Flamagra

まだまだ全然いけますね。

Gang Starr - One Of The Best Yet

往年のクラシックのフリップを全部詰め込んだイントロが一番ぐっときた。

Spotifyの埋め込みプレイヤーのデザインイケてなくてげんなりしました。

Fuji Rock Festival 2019 Day 3

Vince Staplesが見たくて3日目だけ参加しました。Summertime 06は私的オールタイムベストの一角です。
地方から1日のためだけに苗場に行くコスパの悪さよ。

  • 準備
    なんとなく雨が怖かったので雨具を新調した。

    • Mountain Hardwear コヒージョンジャケット
      上着は普段使いと値段の兼ね合いで一番バランス取れてると思ったのでMHWにした。防水は特に問題なかったけど、黒の発色が絶妙に悪くてほぼ濃いグレーなので、普段進んで着る感じにはならなそう。
    • KiU 4WAY STRETCH MEN'S RAIN PANTS
      ズボンはどうせ普段着には使えないので防水と値段で選んだ。もっと安くて防水性あるやつありそうだけど、探すのめんどくさくなっちゃって5,000円しないしいいかという感じ。
    • ASICSTIGER GEL-MAI GTX
      靴は、トレッキングシューズなんか普段使わんしそもそもステージ間移動だけなら不必要なので、普段も使えそうな防水スニーカーを買った。見た目も配色も好みなので一番満足してる。防水も若干不安だったけど豪雨でない限り問題なさそうだった。
  • 交通
    飛行機で新潟入りして電車(新幹線)で苗場入りするか、新幹線で東京経由で苗場入りするかで考えてて、前者が意外と時間も出費も良さげな感じだったけど、「飛行機の時間がちょうどいいのがなくて前日入りがベター」+「新潟市街のホテル普通に高い」の合わせ技で諦めて、結局行き帰り新幹線になった。
    東海道新幹線は早特で片道3,000円以上安くできるので有料会員になりました。上越新幹線は、早割席のネット予約が空席表示でも翌日まで予約の可否がわからんという謎システムだったので、普通料金の座席で行くことになった。

  • 当日
    いきなり寝過ごして早割がみごと無に帰した。越後湯沢駅についたのが11時すぎくらい。けっこう混み合ってた時間帯だったっぽくてシャトルバスまで1時間以上待った気がする。

    会場ついたときは13時半くらいでnever young beachがやってた。名前しか知らないバンドだけど、フェス感あってテンションが上がりました。単純な人間なので、野外で音楽が大音量で流れてるだけで楽しくなっちゃう。

    お腹すいてたのですぐご飯屋へ。カレーが食べたかったのでジャスミンタイ行ってみたらここだけ異様に並んでる。せっかくなので並んだけど、わりと回転早くてすぐ食べれました。チキンバジルカレー?みたいなの具が多くておいしかった。

    そのあとTENDREを聴くともなしに聴いてから、Hiatus Kaiyoteをグリーン最後方の丘に腰掛けながらボケっと眺める。名前と雰囲気しか知らないバンドが多すぎるけど、雰囲気が良い。
    というかここに限らずアクトに関して書くことがない。
    そのあと見たPhonny Ppl.はハッピーなバイブスがアブソルートリーグッドでした。演奏がうまい上に客煽りもうまくて、曲調含めてこういうバンドをフェスで見たいなあというののお手本という感じだった。
    ホワイトステージへの道すがらSuperfulyを眺めて懐メロを感じつつKOHHへ。正直知ってる曲なかったしよくわからんかった。「暑くもなく雨も降らずいい感じの天気なので…薬物の曲やります」みたいなMCは面白かった。

    で、Vince Staples。わざわざ見に来てよかったかっこよさでした。ホワイトステージの低音がエグくて、マジで服が震えてた気がする。そんな音響もありつつ、Vince本人のラップと煽りのおかげで、音源だとともすれば地味になりかねない曲も全部クラブバンガーになるわけです。
    焦点があっていないような前を見据えているような表情で、淡々と熱いパフォーマンスを続ける本人の立ち振る舞いもクールだった。MCではしきりに感謝を述べていたのは予想外だったけど好印象だった。
    Blue Suedeモッシュに乗じて前方ブロックまで行ったけど、初めから前方に陣取っておかなかったのが心残り。音源ももちろんいいけど、ライブで見てこそというアーティストだと感じた。
    f:id:grisuhon:20190812125424j:plain

    目当てが終わって燃え尽きた感があったので、後方に下がってそのままJames Blakeを眺める。やっぱり最近のムードはピンとこなかったのと人が多すぎたので途中で離脱して、ところ天国で休憩してからThe Cureへ。ちょうどアンコールでFriday, I'm in Loveから観れたので満足。最後しか見てないけど、めちゃくちゃ雰囲気よかったです。

    クロージングのG&G Miller Orchestra feat. トータス松本を横目にもち豚串とビールを調達、エグい多幸感を得る。
    ゴリゴリの音が聞こえるのでなんとなしにレッドマーキーに入ってThe Comet is Comingを見る。事前に音源チラ聴きしたときは頭良さそうな音楽だった気がしたけど、トランペットとドラムとシンセ全部でアグレッシブの極致みたいな音楽やっててめちゃ盛り上がった。日付変わったところでこんな音楽やられるの楽しくて仕方ないよなあ。

    あとはそのままレッドマーキーでダラダラしながら、卓球が始まって人が増えて来たのでそこそこに切り上げてシャトルバスへ。途中でパレスオブワンダーに寄ってみたもののパリピの雰囲気が普通に無理だった。
    4時半くらいに列についてバスに乗れたのがちょうど5時くらい。駅はお土産売り場が普通に開いててよかった。さすがに疲れてて座りたかったので指定席を取ったけど、自分が乗った始発から2便目の時点で自由席ガラガラだったので普通に損しました。

  • まとめ
    2日目の天候が地獄だったので覚悟してたんですが、人は少ないし天候も多少雨が降るくらいで過ごしやすくて、非常にいい環境でした。また行きたいです。

スマブラSP

発売日あたりでちょうどpaypayのキャンペーンがあったので、それに乗っかって買ってから未だにチマチマやってる。
振り返るとちゃんとテレビゲームやるのは高校卒業以来で、スマブラ自体は64以来だったからどうかと思ったけど、わりと楽しめてる。
CPが強すぎるとか難しいとか言われてたけど、途中で修正が入ったおかげか、コントローラーガチャガチャやってるだけでもそこそこやれるっていうスマブラの良さは発揮できてると思う。

f:id:grisuhon:20190310235055j:plain
灯火の星は、最初の方はシステムもあんまりわかってなくて、複数CPにリンチされたりアシストフィギュアにメタメタにされたりで、なにこのクソゲーって感じだったけど、ある程度進めるとスピリッツの組み合わせ次第で目に見えて効率上がったのでなんとかクリアまで持ち込めた。
レベル高い複数CPにボコされてイラっときたら、ドンキーかクッパにメタルとジャイアント載せてゴリ押しで大概なんとかなるんだけど、作業感が強くてなんか違うなーという思いはあった。ただブッ飛ばしの爽快感には抗えない。
そもそもハメとしか思えない設定の複数CPとか、相手の 攻撃は一撃で20%なのにこっちの攻撃ダメージは全然通らないみたいな、嫌がらせっぽいのがちょくちょくあってどうかと思うよ。

印象に残ってるのはジェフ、ピクティニ、ザ・ボス、ジェームズあたり。ジェフは初めの方で当たったから1時間くらいずっとリンチされ続けたあとになんとかまぐれで勝てた。ピクティニとザ・ボスは強すぎワロタってなったので後回しにして強くなってから回収した。初めの方では全然歯が立たなかった相手をレベル上げ後に倒すのってゲームの醍醐味だったよなってのが思い出されてよかった。ジェームズが正攻法で勝てたし一番やりがいあって楽しかった。

f:id:grisuhon:20190310235133j:plain
勝ち上がり乱闘は全然使ってないウルフでやってみたら、ノーコンクリアするだけでホンキ度9.9行っちゃって拍子抜けしてしまった。マスター+クレイジーのラスボスはノーコン無理だと思う。

あとはスピリッツ集めとクリアゲッター収集くらいかなという感じ。スピリッツはいま900くらいなのであと400くらい?道のりは遠いのであんまり達成する気はない。
たぶん普通はネット対戦するんだろうけど、ラグが大きかったのとなにしろ怖いし下手で勝てそうにないのであんまりやる気がしない。

64のころのワイワイ感をちょっと期待してたところはあったんだけど、もうゲームのために集まることもできないよなあということを直視して少し切なくなった。


一日中これ見て笑ってた。