Bリーグを見てきた

2016-17 B1リーグ 第19節 2017/2/4 大阪エヴェッサvs栃木ブレックスを見てきた。

Bリーグが今年から始まって、やっとまともなバスケットボールリーグができたということで開幕戦なんかはド派手にブチ上げてたので気になってはいた。
ただ、近年のエヴェッサbjリーグ内ですら中途半端な成績だったので、わざわざ舞洲みたいな僻地に行ってまでなーと思っていたところ、日本一有名なバスケットボール選手こと田臥勇太がいる栃木ブレックスがちょうどホームゲームに来るってことで、これは行くしかと思いチケットを取った。

同じように考えてる人が多かったのか、この試合のチケットめちゃくちゃ捌けてたみたいで、すでに指定席は全部売り切れ、残ってるのはブースターエリアと2階だけみたいな状況だったので仕方なくブースターエリアを買った。

で、当日。会場の府民共済SUPERアリーナまではバスで行く。西九条駅桜島駅コスモスクエア駅からそれぞれ出てるけど、西九条発は会場まで遠い+本数が少ない、桜島発はそもそもそこまで行くのがめんどいので、コスモスクエアから乗った。
自由席しか取れなかったのでいい席が取れるように会場に16:20ごろ到着。試合開始は19:10なので、3時間近く空きがある。舞洲で3時間て…なにもないよどうすんの…とか思ってたけど、会場に着いてみると入場待機列が建物を1周するくらいの勢いで続いてて、早めにきてよかった〜となった。

この行列入場までどれだけかかるのと思ってたけど、めちゃくちゃスムーズに進んだので体感ほとんど待たずに入場できた。
入り口ではスポンサーのチラシとエヴェッサのタオルが入った袋を渡された。このタオルが普通に売り物にできそうな質で、気前いいなーと思ってたら、後から入ってきたお客さんの袋にはどうやら入ってなかったぽくて、早めにきてよかった〜となった。
で、いざ会場に入ると結構ガラガラ。さすが3時間前と思いながらコートに近めの席を確保して買い出しへ。会場内外にも思ってた以上に出店があって、そこで買ってもよかったんだけど、時間に余裕あるし歩くかと思って近所のローソンに行った。どうでもいいけど、舞洲初年度のサマソニに行った身としては、こんなとこにコンビニがあるだけで感慨深いものがある。

買い出しから帰ってきてゲーム開始90分前くらい。ちょうど小学生がミニバスをやってて、同点ブザービーター決めたりして結構盛り上がってた。
そのあと各選手が練習してて、なんか人だかりできてんなと思ったら田臥選手だったので、混ざって写真を撮った。
1時間まえくらいからMCの兄ちゃんがしゃべりだして、注意事項伝えつつ客をいじりつつ場を温めてオープニングセレモニーへ。
チアリーダーチョコレイト・ディスコを踊りながら客席になんか投げ入れたり、ランダムで客を呼び入れてフリースロー大会したりして、その後選手呼び入れ。ここらへんの順序記憶曖昧。
DSCF8932
DSCF8934
照明が落ちてイケてるEDMが流れるなか選手入場。
DSCF8939
スタメンはピンスポ当ててもらえます。
DSCF8941
ここらへんの演出が予想以上にちゃんとしてて良かった。もっと手作り感あふれるものを想像してたんだけど、結構テンション上がる作りですごかった。
試合内容についてはコメントする能力がないのでアレだけど、試合中はほとんど常時盛り上げるようのBGMが流れていたり、アナウンスがバイオレーションとかの解説をしたりしてて気遣い行き届いてるなという印象だった。
チケットソールドアウト、開幕戦に次ぐ観客の入りってこともあって、3Pやダンクが決まったときもかなり盛り上がってていい温度感だった。栃木がアリウープ決めたときも普通に歓声上がってて苦笑いしたけど。

2016-17 B1リーグ 第19節 2017/2/4 大阪エヴェッサvs栃木ブレックス

試合後は監督インタビューをそのまま会場に向けてやってたけど、混雑が嫌だったので中座した。チケット売り切れだったからか、無料のシャトルバスを運行してくれてたので、それに乗ってコスモスクエア駅まで帰った。早く出たおかげでバスも待ち時間なしで乗れてめちゃくちゃ快適に孤島を脱出できた。

試合はもとより運営には正直まったく期待してなくて、もっとお粗末なものを想像してたんだけど、全然まっとうだったので逆に面食らった。
コート上にスコアボードとビジョンがあるのも驚いたし、無料バスや出店の豊富さ、盛り上げるための演出などなど、かなり頑張ってるのが伝わってきたので、また見に行きたい。
あとはチームがもう少し強くなってくれると嬉しい。

my favorite music in 2016

2016年の作品じゃなかったり、アルバム単位じゃなかったりでよく聞いたもの。

続きを読む

my favorite albums of 2016

ここ数年ずっと思ってる気がするけど、年々音楽を聞かなくなってきてる。
今年はapple musicを1年通して活用していたので、フィジカルで買ったCDが3枚だけだった。ストリーミングのおかげで新譜や旧譜が際限なく聞けるので、触れる作品自体はいつもと変わらないか増えたくらいなんだろうけど、そのぶんそれぞれの作品の印象がかなり薄いし、1枚通して聞いた作品はと言われると本当に少ない。
ストリーミングがメインになってしまったからなのか、ただ単に年取って音楽に飽きたのかは判断つかないけど、自分にとってのちょうどいい落とし所を見つけられたらという感想でした。以下、文字列順。

続きを読む

Summer Sonic 2016 Osaka (8/20)

下書きのまま放置してたので供養する。
今年もサマーソニックに行ってきた。昨年に続いて2年連続で通算7回目。
オリックスバファローズの練習施設が新しく建設されるために、舞洲開催10回目にしてメインのオーシャンステージが場所変更となった影響が各所に出ていたみたいだけど、とりあえず見たアクトを中心に。

続きを読む

心の洗濯入れる一服

無印のおばさん達が感極まって声を詰まらせてるのかなりグッと来るし、ラスサビでしゃがみ込んじゃうの普通に泣きそうになるので、もらい泣きの耐性低いのかもしれない。

f:id:grisuhon:20160718002907p:plain:w560
へごの笑顔よ。

JRスミスの優勝会見にもグッと来てしまったので色々あった人間の涙に本当に弱い。

上田麗奈さん

その言葉を安易に使うことの虚しさも、

危うさも、十分にわかっているつもりではある。

いや、わかりすぎていたがゆえに、

最近では、使おうという思い自体が浮かばなくなってきていた。

それでも、彼女の演技を初めて見たとき、

真っ先に浮かんできたのはあの言葉だった。

ジニアス--天才。

上田麗奈さん、ルックスと奇抜なキャラで好きではあったけれど、演技を聞いたことがなかったので、まさかここまでとは思わなかった。
お題ひとつ目に入るまえの「腰は…大胆ですね…!」「(こいつ何言ってんだ)…はい」みたいなやりとりからの演技のものすごいギャップ。コメントにもあるように、月次だけど憑依型というか、演技で空気が変わる。
このコーナーって、だいたい声豚の餌にしやすい萌え萌えパターンかネタに走るパターンが多いイメージだったので、こんなにまっとうな演技の凄みを聞けたのが予想以上すぎて普通に笑ってしまった。まんま吉田氏と同じリアクションな感じ。

特に4つ目までが圧巻なので、削除される前にぜひ聞いてほしい。完全に上田麗奈さんに確保されたい。

SoundPEATS Q9A

運動用のイヤホンが欲しかったので買った。
アマゾンでセールかかってる時に買ったので2800円くらい。
おもにiPhone5sに繋いで使っているんだけど、iPhoneをズボンのポケットに入れてる状態だとBluetoothがわりと途切れる。携帯が原因なのかイヤホンが原因なのかわからないけど少し邪魔くさい。
最近は走ってると片方の筐体の中身からカラカラ音がするようになってきたので、まだ機能は問題ないけど、もしかすると壊れかけなのかもしれない。もしそうだとしたらまだ3ヶ月しか使ってないので壊れるの早いと思う。

運動用に買ったんだけど、せっかくなので普通の外出時にも使ったりしている。正直めちゃくちゃ便利で、特に冬場に上着を着込んだりしたときにイヤホンのコードを気にかけなくていいっていうのがすごく快適。というかたまに有線に戻した時の煩わしさがもはや耐え難い。

外で使うものなので、音質はあまり気にならないし気にしていない。apt-X対応なので、対応してるプレイヤーを使えばそれなりにいい音なんだろうと思うけど、いかんせんiPhoneは非対応なので確かめようがない。

ちょくちょく危ういところはあるものの、3000円未満なのでまあこのくらいで勘弁してやろうという感じ。5000円なら許さない。
どうでもいいけど、この商品のレビューする人けっこう試供品もらってるぽくて、普通に買って感想書くのなんか負けた気分になる。