2016-02-11から1日間の記事一覧

オデッセイ (2016)

「宇宙飛行士が火星に置いて行かれた、助けが来るのは4年後」っていう設定にしては、悲壮感がほとんどないから気疲れせずに見れた。ゆるいといえばゆるいんだけど、適度な緊迫感はあるので、メリハリがついていてテンポがいい。 リドリー・スコットの映画は…