読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地獄の始まり

連休明けの4日間もつつがなく終わった。
今んとこそんな忙しくないし週休2日でわりといけそうなんだけど、どこまで持つのかちょっと不安にもなってる。
仕事はできることちょっとずつ増えてきてはいるものの、相変わらずダメ出しばっかりで足引っ張ってるし、職場の人たちにはいつまで経っても慣れる気がしない。

今週の通勤時間はひたすらラブライブスクールアイドルフェスティバルをやってた。

アホ丸出しの言い方をすると、こんなゲームが無料で出来ていいのかってくらい良く出来てる。jubeatとか音ゲーの携帯版はいくつか出てるものの、曲が限られてたりしててちゃんと遊ぶには課金がほぼ必須なものが多い。そんななかこのアプリは金払わなくてもクリアしていくだけで全曲全レベル遊べるという親切さ。インターフェイスがもともと携帯用に作られてるから、プレイ感覚もけっこう心地よい。やべえ宣伝くせえ。
 
実際は、無課金でやってるとフルコンボしてもスコアが最上位ランクまでいかなかったりして、進めていくほど課金を促す作りになってるんだけど、そういうの気にしなければ無料でかなり楽しめるし実際楽しんでる。

上の画像の海未ちゃんの表情エッチすぎるし、作中の絵も全部かわいいからオエーって感じでめっちゃハマってる。


で、そのスクフェスは1曲やるごとにポイント減ってくから、回復するまで待たなきゃいけなくて、その間繋ぎにやっと買ったA$AP Rockyの新譜ばっかり聴いてた。

Long.Live.Asap
Long.Live.Asap
posted with amazlet at 13.05.12
Asap Rocky
RCA (2013-01-15)
売り上げランキング: 17,012

LiveLoveA$APと比べると土臭さが抜けて酩酊感も少し薄まった。Hit-BoyやらSkllirexやら40やらトッププロデューサーを引っ張ってきて、まさに鳴り物入りのデビュー作って感じ。トータルで見ると前作のほうがまとまってて良かったなと思うものの、曲ごとにみると新譜のほうが堂々たる存在感があって好きなものが多い。

特に先行シングルの“Goldie”なんかは、祭り囃子みたいなシンセループが病みつきになるうえに、ラップもすごくカッコいい。よく並んで評されるKendrickと比べると、Rockyのラップはそんなにスキルとか表現力があるわけじゃないんだけど、発声とかリズムに言葉では表現できない華やかさというかカッコよさがある。


あと40作の“Fuckin' Problem”もミニマルなアンビエントビーツで良い。40作ということでDrakeのラップは言うまでもなく良い感じだし、なによりMVでKendrickとRockyが並び立った場面の華やかさが凄まじい。フォーマルなパーツをブーツとかで絶妙にハズしたファッションもさすがと言うべきか。

こういう曲のセレクションが一気にメインストリームを蹂躙するような華やかさを放つ一方で、前作に漂っていたあらゆるものを煙に巻く得体のしれない深遠さを押しやってしまっているのも事実で、好みが分かれるのかもしれない。“Fashion Killa”あたりは両方の良さを含んでいてよくできてる。僕は新譜のほうが好き。


あとはHit-Boy一派らしいKent M$neyのミックステープもちょくちょく聞いた。なんて読むんだろうこれ。

 

初めて聞いたときは、趣味の悪いグロテスクなジャケからはとても思い至らないような真っ当なヒップホップで面食らった。ぶっきらぼうなビートにピアノやギターが絡まり、無骨なフロウが乗っかるという安定感の高さ。
ただ、ビートはポップで耳馴染みはいいもののフックが少なく、ラップにもあまり起伏がないこともあって単調さが際立つ。このフロウだったらもっとハードコアよりのビートにしたほうが魅力的じゃないのかな。ポップとハードのどっちつかずになっててもったいない。
あとこの前のクルーコンピ聞いたときも思ったけど、Hit-Boy作風が幅広すぎてプロデューサーとしての寿命短そう。

こうやってダイジェストで聴くとすごくカッコいいんだけど、通しで聴くとちょっとつらい。


この記事、画像とか動画の配置チグハグでクソ不細工だな。